インプラントは手術が必要

最近話題のインプラントですが、どんな治療法か知っていますか。
インプラントは人工の歯と人工歯根を使って歯を補う治療なんです。
人工歯根を使いますから、手術が必要なんです。
一体、どんな手術をするのかってやっぱり気になるんじゃないかって思います。
インプラントの手術法は、決してひとつだけではないので、歯科医院によって手術法は変わってくるでしょうし、症状によっても違うと思います。
だいたい大まかにどんな感じなのかを押さえておきましょう。

手術が一回で済む方法では、あごの骨の中にインプラント体を埋め込むんです。
そして、仮アバットメントを取りつけます。
アバットメントとは、あごの骨のインプラント体と人工の歯をつなぐ役割をするものです。
一度にここまでやってしまうので、体の負担が比較的軽くて済むと思います。
二回手術をする場合は、インプラント体を埋め込むのは同じなんですが、インプラント体が安定した後にアバットメントをセットするんです。
一度で済んだ方がいいって思われるかもしれませんが、症状によっては二回手術が必要なこともあるんです。
手術が一回で済むほうが患者の負担は少なくなるのですが、感染症の可能性が高いと言われています。
なぜかというと、インプラント体が安定すると歯肉がしっかりと閉じた状態になり、その状態でアバットメントをセットしたほうが感染症のリスクが少ないんです。
必ずしも一回のほうがいい、二回のほうがいいとは言い切れません。
歯医者さんとカウンセリングの時に相談して決めることになるでしょう。
インプラントの治療は、虫歯や歯周病などの治療の後になるでしょうから、すぐに手術となるとも限りません。
ここでは、大まかにインプラントの手術を説明したのですが、細かく見てみるともっと方法はあるようです。
実際に自分が治療するときになったら、歯医者さんによく説明してもらってください。
どんな治療で、どんな手術をするのかをよく知った上で手術に臨みましょう。