私は長年、合わない入れ歯に悩んできました。
そのため、家族と旅行へもいけなかったのです。
おいしい料理や、今流行のスイーツを用意してもらっても、上手に噛めなかったからかもしれません。
そうです、気持ちが自然と後ろ向きになってしまっていたのです。
しかし、インプラント治療を受けてからは違います。
気持ちがアクティブになったというのでしょうか。
何事も前向きに考えられるようになりました。
もちろん、旅行も楽しんでいます。
どうやって施術をしたのかを紹介いたしましょう。
まずは顎の骨の状態を確認します。
レントゲンを撮りますよ。
自分の顎の骨の形を今まで見たこともなかったということもあり、とても新鮮に感じることが出来たように思います。
また、このとき先生と1対1で話が出来るのもよかったと思いました。
それは、自分の納得のいくまで質問をすることが出来たからです。
私の場合、補強などが必要なかったので、すぐに6本の固定式の歯を埋め込む工程に進めました。
この固定式の歯で、入れ歯が動かないようにするのです。
施術のときは麻酔のおかげで痛みなどはありません。
気がつけば、看護師さんに「終わりましたよ」と言われていました。
念のために、痛み止めの薬を飲んでおくことを勧められましたよ。
長いスパンをかけてゆっくりと治療をおこなうので、体への負担は少ないです。
入れ歯の取り外し作業がなくなったので、時間の余裕も出来ました。
本当にインプラントをしてよかったと思います。