インプラントとは体内に器具を埋めこまれる器具の総称です。
一般的に歯科治療のことをイメージしますが、心臓のペースメーカーであったり、豊胸目的のものもあります。
今回は歯科治療のインプラントを中心に書きたいと思います。
まず第一にメリットですが、入れ歯やブリッジに比べると自然に見えることが一番だと思います。
人口の歯なので虫歯の心配がいらなくなることもメリットの一つです。
費用は多少高額になりますが費用に見合ったメリットがあるため現在では多くの方が行っている歯科治療です。
私がやったきっかけは、進行した虫歯が原因でした。
虫歯がかなり進行していたため抜歯をすることになり、抜歯をしてポッカリと空いてしまった部分にインプラント治療をすすめられました。
場所が目立つ部分だったため、今後のことも考えてやってもらいました。
多くの歯科治療は保険が適用されますが、現在の保険制度では保険が適用されないのが多少の難点ではあります。
一般的な医療では高額なほど良い技術を持っていると思われがちですが、高額であれば良いかというとそうではなく、信頼できる歯科を探すのに苦労しました。
治療の期間も1年ほどかかります。
1回の手術で3時間ほどかかり、それを2回行います。
今までは抜歯や削る治療の経験があったので、かかっても1ヶ月程度で終わるものだと思っていましたが、それらに比べると期間がかかりました。
受けられる条件もいくつかあり、歯が丈夫であること、歯茎が丈夫であることが挙げられます。
私の場合は年齢がまだ若いということもありますし、タバコなど歯茎に悪いことは特にしていませんでしたので特に問題はありませんでした。
高齢者などで歯が無いという理由でこの治療方法を取ると、安定せず歯茎を移植する必要があります。
比較的若い段階か、歯茎が健康な状態の方向きになります。
多少の苦労はありましたが、見た目が自然で大変満足しています。
入れ歯やブリッジと比較しても自然ですし、手法自体が自分の歯茎に違う歯を埋め込むわけなので自然に見えます。
目立つ箇所の抜歯をした方や、先天的に歯が生えてこない方も中にはいると思います。
そういった場合は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。