いまは小学生でも歯周病で悩んでいる子がいるそうです。
生涯に歯を失くしてしまう割合も高くなっているといいます。
歯周病や事故などで歯を失くしてしまった場合、
総入れ歯や部分入れ歯などを利用するという選択肢もあります。
入れ歯とインプラントの違いは、
しっかり噛めるかどうかという点でしょう。
入れ歯も自分に合わせて作られ、
噛めるようになっているのは当然なのですが、
硬いものなどを噛む時はどうしても浮いてしまう場合もあります。
それが噛みにくさにつながってしまうんです。
旭川のインプラント治療を専門にしているクリニックでは、
立体的なCT検査によって患者にあった正確なインプラント治療ができるそうです。
あごの骨の形状をCT検査で確認することで、
神経や血管の出入り口をしっかり把握することができるそうです。
インプラントというのは、
さまざまな最新技術によって支えられているんですね。
そんなインプラント治療をして物を噛みやすくなれば食事が楽しくなり、
よく噛めることで栄養の吸収も良くなるそうです。
それに良く噛むことで脳の血流量も増えるといいます。
歯がある時は噛むということを何気なくやっていますが、
噛むことは脳を始めいろいろな器官に良い影響があるものなんですね。
よく噛む人はボケにくいといいますが、
噛むことで脳の血流量が増えるからかもしれません。
それによく噛む人は、
高齢者に多い誤嚥性肺炎も起こしにくいそうです。
インプラントにすることでよく噛めるようになれば、
全身の健康のためにも良い影響を与えてくれます。