魔法の手術のように言われているインプラント手術が、一般の人でも受けられるようになって もうかれこれ15年になろうとしています。
最初は 大学病院の限られたところで、アメリカでの実施例をつぶさに見聞きしてきた先生のもとで行われていました。
そのことを思うと、インプラントという言葉もかなり市民権を獲得しつつあるといってもいいと思われます。
現行の歯科医療技術では 治療出来ない患者さん、具体的には、歯茎の骨が駄目で、歯の継ぎ足しが出来ない患者さんに総入れ歯になるのではなく 元の自然の歯のように、人工歯を歯茎に接合させるというものです。
それがインプラント手術です。
こう書くといかにも簡単な手術のように思いますが 実は技術的なことと、感染防止とそのあとのフォロ−をするかが大切になってきます。
私の住む仙台でも、インプラント手術を掲げている歯科医、歯科クリニックがいくつかあります。
もし貴方が、ここ仙台でインプラント手術を受けるつもりならば、まずクリニックを訪ね、ドクタ−の話を聞くことが一番でしょう。
そのときに実施件数も確認することを忘れないでください。
そして感染防止のための後の通院のことも説明してくれるかを確認しましょう。
そのことが、いわゆる踏み絵になるのではないですが・・・
一つの目安にはなるかと思います。
評判の高いのは、ネットで実際に施術をした人の口コミなどで良い病院を調べると良いのではないでしょうか。
ですが、やはり先生の話、もしくは看護士さんとカウンセリングすることが大切です。
先生との相性、自分に合った治療法がカウンセリングにより判ると思います。
それとあと注意点は、あまり安いのを売りにしているのはNGです。
歯が歯茎から腐ってきても気がつかないというのは、辛いですから、そこをきちんとケアしてくれるところを選びましょう。