歯が抜けたときに考えられる治療法とは

インプラント以外にも歯が抜けた時に考えられる治療法はいくつも存在します。
歯が抜けたからと言って、そのままにしておくというのではなく、歯科医院へ行って治療してもらうようにしましょう。
他の健康な歯にも悪影響を及ぼすことも考えられるんです。
もちろん、日常生活にも支障が出ますから、歯が抜けてしまった場合は、なるべく早めに歯科医院へ行ってください。

では、インプラント以外にはどんな治療法があるのかというと、もっとも有名な治療法はやはり入れ歯ではないでしょうか。
部分入れ歯の場合は、金具を使って歯を固定します。
金具は、健康な歯にひっかけるために、健康な歯に全く影響がないとは言い切れません。
入れ歯は保険適用される場合もありますが、保険適用されない場合もありますので、よく確認しておくようにしましょう。
総入れ歯の場合は、金具を使って固定するわけではありません。
部分入れ歯も総入れ歯もかなり種類は多いので、歯科医とよく相談して決めてください。

他にはブリッジという治療法もあります。
どういう治療法かというと、抜けた個所の両隣の歯の一部を削ります。
そして、連結したクラウンをかぶせるんです。
健康な歯を削ってしまうわけですが、健康な歯に人工歯をかぶせることになるので、安定感はあります。
とはいうものの、やはり、健康な歯を削ってしまうことに抵抗がある人は少なくないでしょう。
ブリッジも保険適用されます
ブリッジにしようと思っても、ブリッジにすることができなくて入れ歯になってしまうこともあるようです。

歯が抜けてしまった場合には、インプラント、入れ歯、ブリッジの3種類が考えられます。
それぞれの治療法にメリットとデメリットが考えられます。
治療費が高くなるけれども見た目や安定感がある治療をするのか、それとも、保険適用される治療法にしておくのか。
そして、しっかりとメンテナンスをする必要があるので、信頼できる歯科医院を選ぶことが大切です。